2009年08月24日

虫の声に聞き惚れ、木の香りに癒されて

この週末も、しっかり遊びました♪

土曜の午前は、かわらんべ講座。夏の生き物観察。
虫捕り網を持って、トンボや蝶やバッタなどなどを捕まえて、それらについて教わりました。
水辺の楽校には、ハグロトンボやシオカラトンボやウスバキトンボが飛んでいましたが、ハグロトンボは、水辺の草花や水に、黒が映えて、飛んでる姿をぱっと見ると、蝶のようで綺麗ですね♪
しかし、網を持って、トンボを追いかける かゆかゆちゃんは、だいぶ様になってきましたねわーい(嬉しい顔)母は嬉しいですよるんるん

それから、エンマコオロギの鳴き声をじっくりと聞くことができましたが、綺麗な音色でしたね〜羽を震わせて鳴いている様子を見ることができました♪


午後は、美博に行きました。
「里山コレクション」を開催していますが、その中のワークショップの一つ「羽のしおりづくり」に参加しました。
講師の米山富和先生が持ってきてくださった鳥の羽を使い、とじこめーるに挟み、葉書やしおりを作ると云うもの。

鷹や鴨の羽って、1本1本を見ると、綺麗な色の模様があったり、元の方には、ふわふわの毛がついていたりと、綺麗なんですね〜♪


そして、日曜はまた美博のワークショップ「いろんな木でうそっこエンピツを作ろう!」に参加しました。

書ける訳じゃないけど、見た目色鉛筆そっくりに作ってしまうというもの。枝を好きな大きさにして、先を削り、マーカーで先にちょんと着色。たしかに色鉛筆に見えちゃうるんるん
書けないのに、楽しくってどんどん作っちゃう♪
ついつい、いっぱい作っちゃう♪

楽しかったな〜
葉っぱ付きや、枝分かれや、木の曲がりや太さ等を見ながら、みんな思い思いの作品に仕上げてしまう。

かゆかゆちゃんもいろいろと作っていたよ。でも私は私で作品作りに夢中になってました。
私はドウダンツツジや木蓮の葉付きエンピツがいいかな〜と思っています。
飾っておいて、よくみたら、あれっエンピツ?みたいな、驚かせたいな〜なんて思って作ってみましたよ♪

木の剪定等で出た枝や折れた枝も、ちょっと遊び感覚で、作品にしてみるのもいいな〜って思いました。
それにね、木の香りを嗅ぎながら作っていくのって、いい気持ちになりますね♪

この講師は、市山泰子先生。
今、美博に入ると目の前のロビーに大きな鳥の巣がありますね。枝だけを組み合わせて作ってある大きな大きな鳥の巣。それを作られた方でした。
ほんと、すばらしい作品を作られるな〜

この「里山コレクション」のワークショップ、もう半分くらいが済んでしまったけど、まだありますね。参加してみると、周りの自然にだんだんと興味が沸いてきて、いいと思うな〜
posted by みやちゃん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

魚捕り で、水槽の中は。。

今日はとても忙しい日になる予定でした。
忙しいと云っても、遊びで、ですが。毎週末、そんな感じですねあせあせ(飛び散る汗)

そんな訳で、朝から宿題をする かゆかゆちゃん。頑張っています揺れるハート

午前はかわらんべ講座。講座名は「ガサガサ魚とり」。
内容は久米川にて魚とりをすると云うもの。半分、水遊びわーい(嬉しい顔)  今日は天気も良くてよかった♪

昨年の教訓で、服装は考えました。ジーンズはやめました。濡れると重いですし、引っ付いて動きが悪くなります。いかに昨年は準備不足だったかと思いますふらふらちょっと頭の回る方ならば気がつきそうなことですが、全く気がつきませんでしたから。。
でも、今日の講座では、もっと水中に適した洋服のお母さんもいて、更なる勉強になりました。さっそく、教えて頂いたお店を覗いてみようっと♪かわらんべでは、ほんとお母さん達からも教わることが多いですわーい(嬉しい顔)

それと、道具ですが、今回は昨年の講座で作製した、網を持っていきました。それを持ってきたのは、我が家だけでしたが。
実際に使ってみましたが、魚捕り用の網の方がよく捕れる感じでした。
それでも、少しは捕れましたよ。まあ、腕の問題もありますからね。。

網をヨシの根元辺りに置き、川上から追うと云う、やり方でしてみました。これも何度かしている内に、だいぶ様になってきたと思う私です。何匹かゲットしました♪
かゆかゆちゃんも、昨年までは見てる方が多いかなという感じでしたが、今回は結構追ってる姿が見られました。スタッフの先生からは「野生児になったねわーい(嬉しい顔)」と好評でした。

しっかり、濡れて、水生動物もゲットした かゆかゆちゃん。またもお持ち帰りすると云うあせあせ(飛び散る汗)

我が家の水槽には、カワムツ7匹、カワヨシノボリ1匹、シマドジョウ1匹と可愛い貝2匹が住んでいます。はっきり云って小さい水槽です。
それでも仲良く いい感じに住んでいるんです。
カワムツなんかは群れをつくりますしね。シマドジョウの動きやヨシノボリの吸盤なんか楽しいですしね♪川の生き物って、楽しいな〜と思っているんです。

そこへ更に追加すると云う かゆかゆちゃん。無謀ですふらふら
でもなかなか云うことを聞く かゆかゆちゃんではないし、実際に状態を見てみるのが一番かな〜と持ち帰りました。

夕方、水温も一緒になって、移しました。
喧嘩はしていない感じです。 が、交通整理をしたくなるような気持ちで見ています。
水の汚れも加速するし、どうなるんでしょうね〜
心配です。


posted by みやちゃん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

4時限で終わるといっぱい遊べるな〜大根葉を食べる虫他

昨日は先生方の研修により、4時限での下校。と云う訳で2時10分頃には早々帰宅。

かゆかゆちゃんの学校は、1年生ながら学校初日から給食がでて、2時下校というくらいでしたから、こんなに早く帰宅することは滅多にありません。
「初日から給食」というのも、お母さん方からは珍しがられ、始めの週くらいは、午前には下校という学校が多いので、「帰りが早くて大変」みたいな会話もできず。。という感じでしたが、なかなか気合の入った学校だな〜と思った私でした。まあ、実際、助かりますしねわーい(嬉しい顔)

そんな訳で、早く帰ってきたので、嬉しい家族♪
早速、ちょろっとキーボードに触り、課題曲でない「かっこう」を練習して、満足気。いいのか〜課題曲でなくて。。。
それからおやつを食べたり、宿題を済ませ、いよいよお外へ。

帰ってきた時から、「おたまじゃくしを取る〜」と言っていた かゆかゆちゃん。田んぼに行く前に母は見せたいものがあるのよ。
「かゆかゆちゃんが蒔いてくれた大根ね。葉を食べてる虫がいるのよ。」と言うと、さっそく興味を示す かゆかゆちゃん。
女の子で、こう言って興味を示す子の比率って少ないんだろうな〜と思いつつ、容器も持って畑へ。
容器を見て、かゆかゆちゃん。「おたまじゃくしを入れるの?」「違いますよ。おたまじゃくしは飼育ケース。これでは小さいです。これには苺を採るの」頭の中はやっぱり、おたまじゃくしの様子わーい(嬉しい顔)

大根の葉を指して、「ほら、穴開いてるでしょ。食べちゃってる虫がいるよ〜」。。
「いないよ」「葉の裏とかにいない?」「いたいた」

IMG_2585_edited.jpg

IMG_2586_edited.jpg

大きいのと小さいのといるのだけど、この虫、なんなんでしょう?図鑑を見てもよく分からないあせあせ(飛び散る汗)
大きいのはナガメかな?小さいのはナガメの幼虫?
今度、また美博の四方先生にお会いした時にでも、教えて貰おうっと♪

ついでに、こんな虫も停まっていました。

IMG_2587_edited.jpg

そして、苺を収穫し、改めて、飼育ケース・スコップを持って田んぼへ。
いたいた。沢山のおたまじゃくし。でも半数程は足がでたり、手もでてたりしている。中にはもう緑色したかえるの尻尾付きみたいな状態も。
これはさすがに明日は蛙じゃないの?と思い、「小さいおたまじゃくしにしようか。観察できるよ。」と言ってみましたが、かゆかゆちゃんはその緑のおたまじゃくしが気に入ったよう。一生懸命取ろうとするけど、泥をかき回すだけ。。手をださない方がいいんだけど、私もいろいろな状態のを捕りたいし、とつい、手助け。5匹を飼育ケースに入れて持ち帰りました。
一体どうなるのか?心配だ〜

そして、いよいよ陸上に♪
宿題したし、遊んだし、ゆっくり出掛けられました。陸上はまた今度にでも。


***♪***♪***♪***♪***♪***♪***♪***♪***

以前載せた、メダカですが、今朝みると1匹のお腹の下に透明な玉がついて、フワフワしてるんです。これはひらめき卵?
卵は水草のところに産むって聞いた気がするのだけど。。
大丈夫かな〜
posted by みやちゃん at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ペットボトルで水生動物飼育

前回、厳しい親になると宣言した私。
土曜日は恒例のかわらんべ講座がありました。9時から始まるので、その前に公文の宿題をしてもらいました。
いつもならTV「おさるのジョージ」を観てるところでしたが、そう云う訳にはいきません。お約束ですから。

ちゃんと1日分の枚数をしてくれましたわーい(嬉しい顔)私もほっとしました。
やることもして、すっきりと かわらんべに行くことができました。やはり、メリハリは必要だなと思いました。本人だって、目標を持って頑張れますよね。

講座は「ペットボトルでメダカの飼育」。これは2回目。
昨年は、朝起きたら、死んでたという悲しい思いをしました。とてもデリケートな生き物です。今年はどうしようかな〜と思いましたが、再度、勉強してみるのが大切かなと受講することに。

作業手順はしっかり頭に入っています。かゆかゆちゃんも1人でどんどんやってくれます。まあ、ハンダこてを使う時は、少しだけカーブのところとか手伝いましたが、あとは自分でできました。成長したものですわーい(嬉しい顔)

今年は、雄雌2匹ずつ頂けると云うことで、自分で雄雌の区別をしました。ポイントは尻ひれ。ここを見て区別をしますが、難しい。たぶんそうだろうと思って、入れて来ましたが、雄ばっかりだったりして。。

他に かゆかゆちゃんお気に入りのエビ2匹と、タニシ1匹も頂きました。可愛く、賑やかになりました。
ただ、小さなメダカを1匹入れましたが、連れて帰る間、ガムテープで蓋をするので、弱ってお亡くなりになっていました。可哀想でした。やはり、先生の云われた通り、大きいメダカの方がよかったみたいです。

後は管理が問題です。日に当てて、光合成をさせ(水草が入っています)、上手くいけば卵を産んでくれます。
餌のやり過ぎ、構いすぎに注意しないといけません。昨年は結構、水の中に手を入れてしまいましたふらふらそれと水温の上昇です。40度になると死んでしまうようです。このアパート、夏場は帰ってくるとかなり暑いので、それが心配ですあせあせ(飛び散る汗)

生き物は死んだ時のことを思うと、あまりここに載せたくないのですが、ついつい飼ってしまいますし、載せてしまいますね。どうか、その後は聞かないでね。

そうそう、講座で懐かしい 園のお友だちに会って、大喜びの かゆかゆちゃんでした。年中さんで同じ組だったのだけど、あの頃もしょっちゅう、くっついていたな〜♪なんて思いながら見てましたよわーい(嬉しい顔)
posted by みやちゃん at 09:05| Comment(4) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

煙の匂いを漂わせて

今日はかわらんべの幼児講座「いも掘りと焼き芋」に出掛けました。
先月の「盆ござあみ」以来で約1ヶ月ぶり。かゆかゆちゃんはかわらんべが大好きだからな〜行くというと嬉しくて嬉しくてわーい(嬉しい顔)
今日はかゆかゆ夫のイベントもあったのだけど、講座に出てからそちらは行くことにした。

芋掘りはちょっと手こずった。さつま芋は斜めに植えるものという考えは、当たり前のことではないということも学んだ。花ジイさん曰く、戦時中は食料確保の為、縦植えだったという。確かに約15p間隔で植えられているのを見れば、収穫量も多かったと分かる。が、縦植えのせいなのか、はたまた土が硬いのか?掘り難い。手でというのは、なかなかあせあせ(飛び散る汗)スコップのお手伝いをお願いすることが多かった。
かゆかゆちゃんはもっとどんどん土を掘って、芋堀りをしてくれるかな〜と期待してたのだけど、あまりしてくれず、私に依存してた。う〜ん、依存症は私似かなたらーっ(汗)困った。困った。
さつま芋の畑は、前にはジャガイモが植わっていた。6月の幼児講座でじゃがいも堀りをしたのだけど、その時に掘り残されていたジャガイモが結構出てきて、子ども達は大喜びしてましたよ。2種類の芋の収穫ですものね〜

その後はお待ちかねの焼き芋。ただし、今回は自分達でかまどで火を熾して焼くというスタイル。
枯れ草も豊富。枯れ枝も豊富に周りにあり、ブロック2ヶで囲んだかまどの中にそれらを積んで火をつけるだけという有り難いものだった。枯れ草の火が消えそうになって、ちょっと焦ったが無事に火も熾り、熾きに包まれて、美味しい焼き芋に仕上がった♪
芋の周りに濡らした新聞紙を巻き、その上からアルミホイルを巻いて火の中に入れると、しっとり蒸され、更に熾きの遠赤外線効果で美味しくできるとか。本当に美味しかった♪かゆかゆちゃんも満足だったみたいわーい(嬉しい顔)
この火を熾す作業はやはり親主体になってしまうのよね〜
子どもはちゃんと焼いてくれる親に嬉しく頼りに思ってくれるのか?とは願うのだけど、いずれ、自分でできるようになって欲しいものだな〜と思う。何年か先にはそうなって欲しいので、この企画は続けて欲しいな〜と願っています。


焼き芋をしたから、当然体中に煙の匂いが付着して…その匂いを漂わせながら、かゆかゆ夫のいるイベント会場に向かいました。
急な告知だったから、支部員以外は来られないかな〜と思って覗いてみると、なんと三河の大将がいるではないですかわーい(嬉しい顔)いやいや嬉しいですね〜♪ほんと、よく来てくださいました。有り難いですね〜
バイク4台に車1台。それにでしゃばり隊2名で計7名でのこじんまりとしたタイカレーミーティングでした。
少々疲れ気味のせいか、写真を撮るのをしっかり忘れてましたがく〜(落胆した顔)まあ、その代わり、集まってくれた皆さんと約1年ぶりの会話を楽しませて貰いました。皆さん、元気そうで良かった〜♪
お天気も良かったし、タイカレー美味しかったようだし、ピザもやっぱり美味しかったし♪
無事に開催できてよかったね〜♪
ラベル:かわらんべ CB-F
posted by みやちゃん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

菫(すみれ)の葉を食べてるのは

草取りをしていて、庭に菫が増えていたのだけど、その菫の葉の傍にいる幼虫がなかなか強烈な模様をしている。

IMG_1929_edited.jpg

写真がピンボケでよくないのだけど、この幼虫はどうも菫が好きらしく、菫から離れようとしないし菫の葉が食べられているので、何の蝶の幼虫かと昆虫 (小学館の図鑑NEO)で調べてみた。

そしてどうも、幼虫が菫を食べ物にする、ヒョウモンの仲間じゃないかなと検討をつけてみた。
コンデジの写真を見ていたら、8月の上旬に撮った中にツマグロヒョウモン♂が写っていた。

IMG_1878_edited.jpg

考えてみると、その蝶を見た日はりんごんの日。りんごんの準備でゆっくり図鑑を見る暇もなく、写真だけ撮ってあったのでした。
そのことをしっかり忘れてたふらふら
そう考えると、この幼虫はツマグロヒョウモンの幼虫かな。

ツマグロヒョウモンは、飯田美術博物館のプラネタリウムのスライドショーで、何度か紹介して頂き、私もしっかりと名前を覚えておりました。研究員の方の話では、たしかこの蝶はもっと暖かい地方にいた蝶で、この飯田の辺りで見られるようになってきたのは温暖化の影響か?と仰っていました。はたまた自分達のエリアを広げようとしているのか?とも。
我が家の庭でも見られるなんて〜♪ちょっと嬉しい♪

しかし、ほんと興味がなかった分野でも、プラネタリウムで聞いたり、我が家の鉢植えでアゲハの羽化があったりすると興味が沸いてくるから不思議なものです。
かゆかゆちゃんも実際に見ることができるのがいいですね〜♪
この小さな庭ででも。

posted by みやちゃん at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

実は私の方が嵌ってる飼育

先月のかわらんべの幼児講座に、『魚を捕ろう』があり、家族で参加してきました。
魚捕りと云えば、お父さんに頑張って貰わないとね♪
ただ、準備不足であまり深い所(川)へは入れず、成果としては、かゆかゆちゃんの納得のいくものではなかったみたいだけど、

ヨシノボリの稚魚が2匹。
ザリガニの赤ちゃんが3匹。
エビが1匹。
イトトンボのヤゴが1匹。
ヤゴが1匹。

たしかそんなところでした。


スタッフに教えて貰い、ヨシノボリのみを持ち帰ることにしました。
なんでも肉食とのことで、一緒に組み合わせて飼うには考えないといけないようだったので、それならばヨシノボリのみでという結論になりました。

水槽に砂利と大きめの石を数個配置しました。
餌は冷凍赤虫がよいとのことで、これも購入し、冷凍庫に入れました。

そろそろ1ヶ月になろうとしていますが、当初2〜2.5p程の体長で、橙色の半透明だった稚魚が、今は3〜4pに成長し、色もだんだん黒っぽく模様もでてきました。
橙色の半透明だった頃は、冷凍赤虫が大きくて、飲み込んだ赤虫が鰓から先がでてくるので、なんとも可笑しく、また、そんな大きなものでも食すのに感動したのですが、いまやそんな様子を見ることもないくらいに成長しています。

お腹に吸盤があって(ハゼ科とのこと)、壁に貼り付いていたり、石の下に隠れたり、石の上に休んだりする生態が面白く、結構見てしまうのですよ。
それにかなりの食欲です。

もともと、魚を見るのが結構好きな私。
金魚に熱帯魚。
じ〜と見てしまうんです。家に置いておくと、結構水槽の前でじっとしてますわーい(嬉しい顔)

ヨシノボリは初めてだったのですが、こんなに面白い楽しい魚だとは知らず、飼って生態を知ったのですが、いやいや飼ってよかった♪
かゆかゆちゃんも赤虫をあげたりとお世話をしてくれますが、実は私の方がかなり嵌っていますわーい(嬉しい顔)
このまま、育てたいな〜揺れるハート
元気でいて欲しいな〜  暑くなっても元気でいて欲しいな〜

posted by みやちゃん at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

羽化

4月22日の出来事なので、古い話なんだけど、かゆかゆちゃんと帰宅すると、かゆかゆちゃんがびっくりした声で、「なんで〜蝶がいるの〜」って叫んでる。
そこで、ピンときた私。
「かゆかゆちゃん、さなぎが羽化して蝶になったんだよ〜」

昨年の晩秋、我が家の"金のなる木"にさなぎが付いているのを発見。
そのまま、大事に見守り、春を迎えたのでした。
このさなぎが、かゆかゆちゃんのお気に入り♪
玄関に置いてあるので、家に来る人達に教えてあげるのが、大好きだった。
郵便やさんに、コープさん、セールスにまで、嬉しそうに見せていた。
ちゃんと羽化できるかな?心半分は心配だったのだけど、無事に羽化してくれた揺れるハート
私の方が、ほっとしたよ〜

まだ、そんなに飛べず、足で移動していた蝶。
かゆかゆちゃんの靴にとまった所で、記念にパチリと撮りました♪

IMG_1729_edited.jpg

大きくて立派だな〜ぴかぴか(新しい)
早速、サンタさんから届いた図鑑を覗き、見比べてみたところ、色と模様と同じものが見当たらないたらーっ(汗)
てっきり、黄色いので、"キアゲハ"だと思い、かゆかゆちゃんにそう教えていたのだけど、この前の"かわらんべ講座"で虫の先生に会ったので、念の為にこの写真を見て頂いたら、なんと

"ナミアゲハ"とのこと。

羽の付け根の模様が、並になっているからとのことでした。


あらたらーっ(汗)どうしましょう。かゆかゆちゃんに間違ったことを言ってしまったがく〜(落胆した顔)
慌てて、ナミアゲハだったと伝えても、かゆかゆちゃんの頭の中は、キアゲハになってしまったらしく、変更はされないようでした。
間違ったことを伝えてはいけないんだな〜と反省ふらふら

そうそう、羽化した後のさなぎを載せますね。
この枝について、冬中、さなぎで過ごしたんだよね。
ちょっと愛おしいのです。

IMG_1757_edited.jpg
ラベル:昆虫
posted by みやちゃん at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

天竜峡散策にて♪

連休も終わりましたね。
我が家は皆、カレンダー通りの休日だったので、最大4連休というところでした。
今年は遠出の予定は立てなかったので、もっぱら地元でのんびりと過ごしていましたが、そのうちの2日は"かわらんべ"の講座に参加してきました。

天竜峡ムシ探検と自動車作り。
どちらも面白く、かゆかゆちゃんも楽しそうでしたよ♪♪

そのうちの天竜峡ムシ探検でのできごとです。
天竜峡を散策していて、珍しい植物を教えて貰いました。
ギンレイソウ。ネットで調べるとギンリュウソウと言う名前もあるようです。どちらが正式かは分かりませんが…

IMG_1745.jpg

初めて見ましたが、この色合い、茎と花のみで、暗い場所にひっそりと生えている佇まいが、なんとも不思議な感じですね。
実はかなり以前に、行ったことのある場所だったのですが、その時には気がつかなかったのです。
今回も同行したご婦人に教えて頂かなかったら、全く気がつかなかったと思うくらいの存在なんですよね〜
ご婦人は、「初めて見た時は、葉がなくて花だけの、色素もなくて、なんとも不気味な花だと思ったものだわ〜」というようなコメントをつけて教えてくださったのですが、たしかに1人で見たら、そんな気持ちにもなるのかも?
大勢でワイワイ言いながらの散策中だったので、そんな不気味な印象は受けませんでしたが、もっとじっと見ていたいな〜なんて思ってしまいましたよ。

ところで、ムシ探検なのですが、いろいろな珍しいムシや、蛇も見ましたが、この時期はイモムシ、ケムシが多いみたいで、かゆかゆちゃんはもっぱらテントウムシや蝶に興味を向けていました。
そんな中での収穫は、

IMG_1746.jpg

オトシブミです。
葉が丸まっていたのを、見つけたかゆかゆちゃん。
先生からオトシブミだと教わると、早速、葉を開いて、中を覗いたんですね。
中にいたのが、オトシブミのさなぎのようです。
黒くて甲虫なんだとか。さなぎなのに、動くので、驚いてしまいました。

他にも、ストーンホール?正式名を忘れてしまいましたが、岩に川の水が小石をぐるぐると回転して作ったという丸い穴が開いたのも見せて頂きました。
以前、天竜川の水位がその岩の位置まであったという証拠になるのだとか。
いろいろと勉強になりました♪追記
ラベル:かわらんべ
posted by みやちゃん at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

雪を抱いて…雪と戯れて♪

かゆかゆちゃんはおじいちゃんのラブコールで、そり遊びをすることになりましたるんるん

かゆかゆ夫の実家の上に、丁度いい具合の斜面がある。
今年は何度も雪が降って、雪が解けずに残っている。
そこで、「明日はお休みだから、そり遊びをしたらどうだ?」というお誘いを頂いた。
しょっちゅう、行っていて、雪かきだってしてるのに、私はとんと忘れていたたらーっ(汗)
そ〜だった。かゆかゆちゃんにそり遊びをさせてあげなくちゃひらめき来年もこんなに降るか分からないものね〜

早速そりを購入。
ゼビオにはまだあったの〜よかった♪
かゆかゆちゃんは黄色がいいと言うので、1人用のそりを購入。
2人乗り用は赤だけだったのね。

着替えを用意して、いざ行ってみると




あれ??おじいちゃんがいないたらーっ(汗)




まっ、いいかと言うことで、家族3人で雪の積もった斜面に行きました。
少々表面が固まっているものの、20cm程あったので無事にでき、その表面固めのせいかスピードもそんなに出る訳でなかったので、安心わーい(嬉しい顔)
かゆかゆちゃんは大喜びわーい(嬉しい顔)
そりに帽子を載せて、引っ張りあげながら登っていくのも嬉しいらしく何度となくしたがり、「山を作って〜るんるんジャンプするの〜るんるん」と要求も…
そこで夫がせっせと雪を放り山作り♪
山で止まっちゃうこともあるんだけど、たまに上手く乗り越えていくと快感の様子揺れるハート
その内には雪の上に転がり、雪を抱いて、満面笑みで戯れてるわーい(嬉しい顔)
そんなに好きなんだ〜よかったよかったわーい(嬉しい顔)

上に下に行ったり来たり。
しゃがんで発進を手伝う私に、下で危ない所に行った時に止める夫。
役割分担で私達親も楽しんでいたのだけど、終わった後の疲れが…
早く1人でできるようになってね〜〜

疲れた後に夫は新年会へと向かったのだけど、大変だったね。

posted by みやちゃん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

夕日をあびてのウォーキング

8日(土)にかわらんべ講座に出掛けてきました。
今回は「水辺の楽校ウォーキング」でした。

講師が酒井浩文さん。元ソウルオリンピック競歩代表だった方だそうです。とても軽快なトークで、フォーム等の説明をしてくださいました。楽しくて笑いが溢れていましたね。
人前で軽快にトークが出来る方って、憧れてしまう。
私は緊張して、ともすれば赤面してしまう質なのであせあせ(飛び散る汗)

今回も、かゆかゆちゃんも参加しました。
かゆかゆちゃんは大人が大勢でも、人見知りせず、かえって大喜びなので、講師の周りをちょこちょこしながら、一緒にフォームを真似していましたわーい(嬉しい顔)なんとも可笑しな格好になっていましたがわーい(嬉しい顔)

かわらんべの周囲をウォーキングするのですが、約3kmあるんですって。
途中でかゆかゆちゃんをおんぶかなと思っていましたが、周りの皆さんに声をかけて頂きながら、全部自分で歩いてこれましたよ♪
半分くらい走ってたけどわーい(嬉しい顔)

IMG_1526_edited.jpg

葦(ヨシ)の群生を見ながら、夕日を眺め、景色(南アルプスの山などね)を楽しむことができました♪
ご褒美を頂いた気分です♪

でもこの素敵な風景を写真の中に収めるのって、本当に難しいねふらふら

IMG_1527_edited.jpg

教えて頂いたフォームも、全部は頭に残ってないかもたらーっ(汗)
でも楽しいお散歩ができて本当によかった揺れるハート

かゆかゆちゃんも3km歩いて、「すごいね〜わーい(嬉しい顔)本当に4歳?」なんて言われて、ちょっと自信になったんじゃないかな〜わーい(嬉しい顔)


勿論、筋肉痛は半端なく大変でしたふらふら

続きを読む
posted by みやちゃん at 01:18| Comment(2) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

長芋掘りに挑戦

過去ログでも紹介しましたが、「かわらんべ講座」にまた出掛けてきました♪
今回は「長芋掘り」。18日(日)にありました。

長芋の収穫って珍しくないですか?
私は農家出身ですが、長芋の収穫はしたことがありませんでした。
かなり深く掘るんだろうな〜とは思うものの、実際に長芋がどのようになっているのか、収穫をどのようにしていくのか、はっきりとした知識がありません。
親戚に長芋の栽培農家がありますが、聞いてみたことがないし…、専門でしている農家はそれなりの器具とかもあるのかも知れないし…ね。

その疑問と、かゆかゆ夫が「とろろご飯」が大好きなので、家族皆で行こうよと提案してみたら、夫も快諾してくれたので、3人で参加してみました。

途中、農家の為のショップで、軍手を調達し、私とかゆかゆちゃんは長靴、皆厚手の格好での参加。
準備OK♪今回は少々、力が入りましたよ手(グー)

一体どこに長芋が植わっているのだろう?と思ったら、堤防の外とは言え、元川原。
IMG_1320_edited.jpg

蔓は先日のうちに取り除いてくれてあり、根元が判るように、棒をさしてくれてありました。私達は掘るだけで良いという状態に準備をしてくれてありました。
まず掘り方の実演付説明を受けました。
なんとスコップと草削りを使って、ただ掘るだけ。やっぱりそうかと頷きながらも、傷つけずに掘り出すのが、肝心なのねと納得。
それから大人はスコップを手に取り、子どもは草削りを持ち、間隔を開けて、掘り出しました。
私と夫も別れて、掘り出したので、かゆかゆちゃんは二人の間を行ったり来たりすることに。

IMG_1327_edited.jpg

掘り出し、根元を出し、周りをスコップで掘っていると、かゆかゆちゃんが喜んで、引っ張ろうとするので、軟らかい長芋がぽきっと折れてしまうのですたらーっ(汗)
長く埋まっているので、そんな引っ張ったくらいでは抜けませんねわーい(嬉しい顔)
きっとさつま芋と同じつもりなんでしょうね。と言っても、さつま芋掘りもまだしたことがありませんね。絵本の中で一緒に体験していたのでしょうねわーい(嬉しい顔)

始めの2・3本は、そんな感じで折れたり、掘っていくと、石を避けて曲がっている長芋をざくりとスコップで折ったりと、全体を掘り出すのはとても出来ず、失敗の連続でした。
砂地かと思っていたら、意外といい土なんですよね。それもあって、掘るのに苦労しました。
まあ、折れててもちゃんと食べれるのだけどね。
だんだんとムキになる大人達。
私も絶対に全部掘り出したいと思い、だんだん慎重になっていきましたわーい(嬉しい顔)
もう、子どもそっちのけふらふら
「ああ、かゆかゆちゃん、邪魔しないで〜あせあせ(飛び散る汗)
なんてことでしょうねたらーっ(汗)親の為の講座みたいですふらふら

それでもかゆかゆちゃんは、長芋の姿が長くなってくると、「見て〜ここの長いよ〜」と大はしゃぎわーい(嬉しい顔)楽しさいっぱいですね♪

3箇所掘ってみましたが、最後のは、夫も途中から応援に入り、二人がかりで掘り、二股に分かれた短い方は無事に全部姿を出すことができ、残り1本も頑張るぞ〜としてたのだけど、私がやってしまいました。
残りわずかのところで折ってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

それでもかゆかゆちゃんは、その長芋を持って、嬉しさいっぱいの満面の笑顔で、記念写真に納まっていましたよ揺れるハート

沢山の収穫でしたので、お土産に数本頂きました♪
お昼ご飯に頂く分の洗うのを手伝い、夫はスコップ等の洗いを手伝い、館内に入り、今後はとろろ作りです。

「自分の分は自分で摺りましょう」とのことでしたので、私は3人分を摺りましたよ手(チョキ)

IMG_1336_edited.jpg

そして、味付けをして、ご飯を盛り、ご飯の上にかけ、皆さんでご一緒に頂きました♪
う〜ん、コクがあって、美味し〜い揺れるハート
細身だったけど、味がとってもいい〜♪

かゆかゆちゃんは、あまりとろろご飯は食べなかったのだけど、完食しました手(チョキ)「美味し〜い揺れるハート」と大喜びでしたね♪

協力員の方が用意してくださったあったかいご飯にお漬物。長芋の酢の物。感謝ですね。

その後はさすがに筋肉痛が酷く、雨にも降られたので、疲れてしまったけど、自分達で掘って頂くお昼ご飯付の講座は格別でしたハートたち(複数ハート)
夫も相当疲れていたけれど、満足してました。
参加して良かった♪

地域生活ブログ 長野情報
子育てブログ
posted by みやちゃん at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

かわらんべ幼児向け講座に参加

IMG_1281.JPG
飯田市には天竜川総合学習館かわらんべがあります。
ここでは、かわらんべ講座をしています。
かわらんべのHPで調べると、『かわらんべ講座とは、「天竜川」とその流域を題材とした体験学習講座です。子ども向けだけでなく、成人講座や防災講座もやってます。』と書いてあります。

実は体験学習やワークショップというのに、とても興味があるのです。
過去ログにもワークショップで羊毛アクセサリーを作ったとか、ワークショップで人形劇に参加したとか(これはたまたま選んで貰えたのだけどあせあせ(飛び散る汗))、お手玉を作ったとか載せてますが、私もかゆかゆちゃんも結構好きですわーい(嬉しい顔)

かわらんべ講座は、対象が小3〜大人と書いてあったので、まだかゆかゆちゃんには無理かと諦めていたのですが、この前の「生活と環境まつり2007」で、スタッフの方に聞いたら、幼児向け講座を開講し始めたという説明だったので、参加したいな〜と思っていました。

今日(日付が変わったからもう昨日なのね)、かゆかゆ夫はバイクのイベントに参加しました。
私達もいつものごとく一緒に行こうと思ったのですが、今回はどうしてもバイクで行くからとおいてかれたもうやだ〜(悲しい顔)ので、丁度、幼児向け講座がある日だったので、そちらに参加することにしました。

今回は「オニグルミ拾いとムシ捕り」でした。
保護者同伴で、クルミを入れる袋、虫かご、お茶を持って出掛けました。
「外に出ると電車が待っているので、電車で出発します!」と言われて、出てみると綱が道に置いてありました。
電車ごっこで出発なのです。なんとも可愛いですね♪この演出も幼児向けということでしょうねわーい(嬉しい顔)

オニグルミの林までは結構歩きました。
着くとすぐにおやつを頂きました揺れるハートおやつはオニグルミでした。
スタッフの方が下ごしらえをしてくれてあって、割れ目ができていたので、手で割って、爪楊枝で掘り出して食べました。
オニグルミは脂肪分も豊富なのかな?やっぱり美味しいですね♪
かゆかゆちゃんも「美味し〜いわーい(嬉しい顔)」の連発でした♪
おやつを頂きながら、クルミを食べる動物のクイズもあって、ためになりました♪

IMG_1286.JPG
それから林に入って、拾いました。結構沢山落ちていました。
オニグルミとヒメグルミの2種類を拾うことができ、1人25個と言われたので、私とかゆかゆちゃんで50個も拾えることになりましたわーい(嬉しい顔)
クルミの周りに皮が着いたまま、落ちているでしょう。
かゆかゆちゃんは初めてだから、分からなくて、当然拾わないので、「この中に入っているのよ」と捲ってみせてあげると、理解してどんどん拾い始めましたよわーい(嬉しい顔)
でも、かゆかゆちゃんは拾ったクルミを大人の人に見せたくて、拾うよりも見せる方が楽しいみたいでしたわーい(嬉しい顔)

IMG_1285.JPG
拾ったクルミは、横の川でザルに入れて洗いました。
ここで皮も取って、殻の状態にして袋に入れました。
沢山取れたので、五平餅が作りたくなりましたね♪

クルミ拾いの後は、ムシ捕りをしながら、かわらんべ館までゆっくりと戻りました。
かゆかゆちゃんの収穫は、カマキリ、コオロギ、アマガエル、トノサマバッタ、ショウリョウバッタ、トンボというところでした。
トノサマバッタはやはり大きいし、跳び方も大きいですね。なかなか捕まえれませんあせあせ(飛び散る汗)
ムシ好きなかゆかゆちゃんには、楽しい時間となりました。
館に戻って、カワネズミに触らせて貰ったりして更に楽しんでから帰ってきました♪

小3〜となっている講座でも、保護者同伴ならばそれ以下でも参加できるんですってぴかぴか(新しい)
これからも都合がつけば、かわらんべ講座にかゆかゆちゃんと出掛けて行きたいと思います揺れるハート


ところで、かゆかゆ夫は岐阜県高山市にある〜桜の庄荘川〜という道の駅で、CB-Fオーナズクラブの3支部(北陸、東海、長野)合同ミーティングに出掛けてきたのだけど、かなり寒かったみたいで、疲れてしまって爆睡中です。
やはり11月のバイクミーティングは過酷ですねふらふら
お疲れ様でした黒ハート

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ
にほんブログ村 子育てブログへ
posted by みやちゃん at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

イナゴ

IMG_1241.jpg
稲刈りの季節となりましたね。
先月からだったか、稲の周りでピョンピョン跳ねるイナゴを目にするようになりましたわーい(嬉しい顔)
たぶんイナゴだと思うのだけど、幼少の頃の記憶しかないので定かではないのだけどあせあせ(飛び散る汗)

園からのお帰りに、かゆかゆちゃんが興味を持ったので、と言うか、虫好きなので、早速「イナゴだよ」と教えてあげました。

そして、祖母が作ってくれたイナゴの佃煮をよく食べたんだよ〜って話してあげました。
今食べようと思うとちょっと考えてしまうけれど、私の幼少の頃は、他にも蜂の子、蚕、ザザムシなんかも食卓にでたものでした。
その中では食べやすい味でよく食べたんだけどね。
懐かしいな〜♪

かゆかゆちゃんは佃煮にも興味を示して、「取って〜。イナゴの料理を作って〜」と言うので、今日は袋を持って、再度、イナゴ取りに出掛けてみました。

よく見ると、今日は沢山。その上、オンブまでしてるイナゴが数多く見られたので、かゆかゆちゃんは更に大喜びわーい(嬉しい顔)
道端で、いっぱい歓声をあげているのですあせあせ(飛び散る汗)

何匹か袋に入れ、かゆかゆちゃんも取ってみたら?と言うと、頑張って手を伸ばすのだけど、なかなか手に掴めなくて、1匹も取れませんでしたたらーっ(汗)
まだまだだね〜

家に戻り、早速煮てみましたが、まだ食べておりません。
年を取った故に勢いがなくなりましたふらふら
それにね、祖母が作ってくれたのは、飴みたいにトロってしてたんだけど、そういう風に作れないのよねもうやだ〜(悲しい顔)
私もまだまだだね〜

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

posted by みやちゃん at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。