2008年09月14日

煙の匂いを漂わせて

今日はかわらんべの幼児講座「いも掘りと焼き芋」に出掛けました。
先月の「盆ござあみ」以来で約1ヶ月ぶり。かゆかゆちゃんはかわらんべが大好きだからな〜行くというと嬉しくて嬉しくてわーい(嬉しい顔)
今日はかゆかゆ夫のイベントもあったのだけど、講座に出てからそちらは行くことにした。

芋掘りはちょっと手こずった。さつま芋は斜めに植えるものという考えは、当たり前のことではないということも学んだ。花ジイさん曰く、戦時中は食料確保の為、縦植えだったという。確かに約15p間隔で植えられているのを見れば、収穫量も多かったと分かる。が、縦植えのせいなのか、はたまた土が硬いのか?掘り難い。手でというのは、なかなかあせあせ(飛び散る汗)スコップのお手伝いをお願いすることが多かった。
かゆかゆちゃんはもっとどんどん土を掘って、芋堀りをしてくれるかな〜と期待してたのだけど、あまりしてくれず、私に依存してた。う〜ん、依存症は私似かなたらーっ(汗)困った。困った。
さつま芋の畑は、前にはジャガイモが植わっていた。6月の幼児講座でじゃがいも堀りをしたのだけど、その時に掘り残されていたジャガイモが結構出てきて、子ども達は大喜びしてましたよ。2種類の芋の収穫ですものね〜

その後はお待ちかねの焼き芋。ただし、今回は自分達でかまどで火を熾して焼くというスタイル。
枯れ草も豊富。枯れ枝も豊富に周りにあり、ブロック2ヶで囲んだかまどの中にそれらを積んで火をつけるだけという有り難いものだった。枯れ草の火が消えそうになって、ちょっと焦ったが無事に火も熾り、熾きに包まれて、美味しい焼き芋に仕上がった♪
芋の周りに濡らした新聞紙を巻き、その上からアルミホイルを巻いて火の中に入れると、しっとり蒸され、更に熾きの遠赤外線効果で美味しくできるとか。本当に美味しかった♪かゆかゆちゃんも満足だったみたいわーい(嬉しい顔)
この火を熾す作業はやはり親主体になってしまうのよね〜
子どもはちゃんと焼いてくれる親に嬉しく頼りに思ってくれるのか?とは願うのだけど、いずれ、自分でできるようになって欲しいものだな〜と思う。何年か先にはそうなって欲しいので、この企画は続けて欲しいな〜と願っています。


焼き芋をしたから、当然体中に煙の匂いが付着して…その匂いを漂わせながら、かゆかゆ夫のいるイベント会場に向かいました。
急な告知だったから、支部員以外は来られないかな〜と思って覗いてみると、なんと三河の大将がいるではないですかわーい(嬉しい顔)いやいや嬉しいですね〜♪ほんと、よく来てくださいました。有り難いですね〜
バイク4台に車1台。それにでしゃばり隊2名で計7名でのこじんまりとしたタイカレーミーティングでした。
少々疲れ気味のせいか、写真を撮るのをしっかり忘れてましたがく〜(落胆した顔)まあ、その代わり、集まってくれた皆さんと約1年ぶりの会話を楽しませて貰いました。皆さん、元気そうで良かった〜♪
お天気も良かったし、タイカレー美味しかったようだし、ピザもやっぱり美味しかったし♪
無事に開催できてよかったね〜♪
ラベル:かわらんべ CB-F
posted by みやちゃん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | かゆかゆちゃん自然と戯れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。